選手

選手

飯田 恭丞

KYOSUKE IIDA

新しい世代を増やすために、
デスペルーホ藤沢の名前を広げていきたいです。

CHAPTER 01

意見を伝えることに、
年齢や学年の上下が壁にならないチーム

代表の井上 太陽くんが中学の2個上の先輩で、もともと知り合いでした。
大学サッカーに挑戦をしたかったのですが、進学先では選考会で選ばれた人しか入部できない仕組みで、自分では実力が及ばないと思ったんですね。
高校最後のサッカーは、ブロックの決勝まで勝ち進んだのですが、2次予選いくかいかないかというところで負けてしまったのがとても心残りで。

サッカーは続けたいけど、大学では難しいだろうなと思っていたところに、デスペルーホ藤沢のことを知りました。
兄と同じ代であるキャプテンの関野さんから、声をかけていただいたこともあり、練習会に参加してすぐに、大学に進学したらデスペルーホ藤沢に入ることを決めました。

良い意味で上下関係がないチームです。
挨拶や敬語も使いますが、練習中に年下から年上に対して、意見が言いづらいといった雰囲気は、まったくありません。
僕が初めて練習会に参加したとき、初めて会う方からも「入りなよ」って声をかけてもらって、とても馴染みやすいチームだなと思いましたね。

CHAPTER 02

本気でサッカーを求めている人が集まるからできる、
ハイレベルな環境での練習。

高校のサッカー部を引退して、大学でもサッカーを続けたいけど実力から難しいと悩んでいる人には、デスペルーホ藤沢は良い環境が整っていると思います。
僕もデスペルーホ藤沢に加入して知り合った友人が増えて、プライベートもサッカーも充実していて、今すごく楽しいです。
人によっては、ただボールを蹴って遊べればいいという人もいると思います。
サッカーに求めるレベルはさまざまだと思いますが、デスペルーホ藤沢は本気でサッカーを続けていきたいと想いを抱いて集まったチームなので、ハイレベルな環境で練習をすることができます。

もともとは小さなクラブから始まったデスペルーホ藤沢ですが、将来的に大きなクラブになってほしいと思っています。
大学3年生である僕らより下の世代が少ないので、下の学年をもっと増やしていきたいですね。
まずはデスペルーホ藤沢のことを知ってもらうことが大切だと思うので、体育大学の実技でトレーニングウェアを着たり、後輩を練習会に誘ったりしています。
チームの一員として、デスペルーホ藤沢の名前を広げていく活動を、積極的にやっていきたいですね。
サッカーを続けるのにこんなに良い環境は、あまりないと思うので、ぜひ入ってもらいたいです。

加入して1年目のリーグ戦最終節の試合が、印象に残っています。
試合ではベンチから応援をしていて、最終のロスタイムのタイミングで、チームメイトの加藤くんがリーグ出場を決めたんです。
コートもベンチも関係なく、もう大盛り上がりで、「こんなに喜べるサッカーを高校卒業後も体感できるんだ」と、感動したことを今でも覚えています。
自分が出ていない試合でも、高校時代に感じていた高揚感を、大学生になってまた感じることができるんだと。
「サッカーを真剣にやりたい。上を目指していきたい」と、サッカーを本当に求めてきている人が、デスペルーホ藤沢には集まっています。

CHAPTER 03

スタメンに選ばれるために、
誰よりも多くボールに触る。

2020年はセカンドチームだったので、もっと試合に絡んでいくこととが目標です。
実力でスタメンに入って、試合に出たいですね。
セカンドチームでももちろん、チームの中心として活躍していきたいと思います。

チーム全体では、トップチームもセカンドチームも、より高いレベルでサッカーができればいいと思います。
僕はチームの中でも体が小さいので、試合中に当たり負けしないように、体作りのためのトレーニングがかかせません。
デスペルーホ藤沢以外の場所でも、なるべくボールに触る回数を増やして、技術も磨いていきたいですね。

チームの中で、攻守ともに頑張っていきます。
これからも応援よろしくお願いします!

TOP
TOP