選手

選手

斎藤 晴也

HARUYA SAITO

メリハリをつけて、やるときは真剣に
サッカーに取り組みます。

CHAPTER 01

チームに加入してから
先輩と話すことが得意に。

小学校からミッドフィルダーとして、サッカーをやっています。
大学1年で一度やめましたが、2年になって遠山選手から誘われて、デスペルーホ藤沢に加入しました。

デスペルーホ藤沢は上下関係を気にせず、言いたいことを言えるチームです。
チームに入ってから先輩と話すことが得意になるほど、先輩から積極的に話しかけてくれます。
上下関係で悩むことは、デスペルーホ藤沢ではありませんね。

CHAPTER 02

楽しむために
真剣に取り組む。

大学入学後は課題に追われていたのと、既存メンバーでできあがったコミュニティに、なかなか溶け込むことができず、思うようにサッカーを楽しめませんでした。

デスペルーホ藤沢のメンバーは、新しく加入した選手に積極的に話しかけるし、チーム全員が優しくて、仲が良いところが魅力だと思います。
サッカーができる環境を作り出してくれるところも、デスペルーホ藤沢の良いところですね。

チームの一員として、メリハリをつけることを心がけています。
楽しくサッカーをするためには、試合に勝たなければならないので、やるときは真剣にサッカーに取り組むことを意識しています。

CHAPTER 03

チームを安心させる
選手を目指したい。

これまでの活動の中では、社会人選手権を決める試合が印象に残っています。
5-1で勝っている中、私はラスト10分間試合に出場しました。
守備に専念しすぎたことが裏目に出て失点してしまい、結果、出場権を失ってしまったんです。
チームメイトに「ラインを下げるな!」と言われていたのに、その通りに動かなかったことで、非常に悔しい思いをしました。

今後は自分が試合に出ることで、チームを安心させられる存在になることが目標です。
頼られる選手を目指したいと思います。チームとしては、やはり1部昇格が目標ですね!

皆さんに試合を観てもらうことで、自分たちの力になります。
これからもたくさんの試合を観戦してほしいです。

TOP
TOP