選手

選手

阪野 雄基

YUKI SAKANO

メンバーの目標達成のために
助け合い、貢献していきたいです。

CHAPTER 01

年齢の枠に問わられず、
本気で楽しくサッカーがプレーできる。

デスペルーホ藤沢に所属している阪野 雄基です。
高校卒業後は1年ぐらいサッカーから離れていましたが、デスペルーホ藤沢の練習に参加したことがきっかけで、チームに入りました。チームに知り合いはいなかったのですが、練習を通して「このチームでサッカーをしたい」と思ったことが決め手でした。

高校の時はガツガツとしたプレーをすると、裏で文句を言うメンバーもいて、あまりサッカーを楽しむことができなかったんです。
デスペルーホ藤沢では「そのくらいやって当然でしょ」と、煙たがられていた練習に対する姿勢を、当たり前に受け入れてくれるチームだったので、自分とマッチしていると感じました。

練習中はプレーに対して、厳しく要求することもありますが、練習以外の時間は誰とでも仲良く交流しています。先輩相手にも面白くいじったりするし、年齢の枠にとらわれないところが良さだと思いますね。

先輩や同い年にもプレーの中で要求しあっていて、サッカーに対して真面目に取り組むチーム。
自分でサッカーをやりたいと考えて集まっているチームなので、高校時代に感じていた「やらされている」という感覚が全くありません。

CHAPTER 02

レベルアップのために
常に考える。

メンバー同士の仲の良さはチームの魅力の1つ。試合は本気だけど、休憩中はふざけあったりして、メリハリがある点がチームの魅力だと思います。ボールに対して厳しく追いかけながら食らいついていく姿勢もチームの好きなところです。

デスペルーホ藤沢のメンバーは、周囲に人がいるところで、その場の空気が悪くなるような言動をする人がいないのも魅力だと思います。
サッカーを真面目にするからこそ真剣で、厳しいところが良いと思います。

活動している中で印象的だったエピソードは、昨シーズン、得失点で神奈川県の選手権に出場できなかったこと。
メンバーとして試合には出ずにスタンドで見ていましたが、とても悔しい思いをしたことが、チームに入ってから一番印象に残っていますね。

試合前後で大きく変えたことはありませんが、基礎的な部分を伸ばすことができるように、考えながら練習するようにしています。
漠然とやっていた動作も、デスペルーホ藤沢に入ってから、たくさんの選手から「どうしてこうなっているんだろう」と考えるきっかけをもらって、観察するようになりました。
ボールの置き方や、スペースの作り方、蹴り方・・・まだまだこれからですが、どんどん吸収していきたいと思います。

CHAPTER 03

自分のレベルアップによって、
チームのレベルアップに貢献したい。

トップチームのメンバーとして活動できていないので、可能性がある限り、諦めずにプレーをしていきたいと思います。トップチームとセカンドチームそれぞれ昇格という目標があるので、どちらのチームに配属されても目標を達成にむけて、チームに貢献したいですね。

チーム全体の目標としては、メンバーそれぞれの目標を達成できるように、お互いに助け合い、貢献することができたらいいなと思います。一選手として目標達成に向けて、貢献していきます。

サポーターの方やスポンサー企業さまが、「デスペルーホ藤沢を応援していて良かった!」と思ってもらえるような結果を出していきたいと思います。引き続き、よろしくお願いします!

TOP
TOP