選手

選手

山田 海斗

KAITO YAMADA

自分にしかない「つよみ」を
磨いていきたいです。

CHAPTER 01

信頼できる人たちの
プレーに惹かれて。

山田 海斗です。今20歳で、デスペルーホ藤沢には来シーズンで2年目になります。
デスペルーホ藤沢は、もともと藤沢清流高校のOBで結成されたチーム。同じ高校の出身という縁でチームと出会い、参加しました。
今では出身高校に関係なく、いろいろなチームの方がメンバーとして入ってくれていますね。

高校卒業後は1年間くらい、どこのチームにも所属していませんでした。
その期間もデスペルーホ藤沢の試合を何度か観に行く機会があったのですが、参加までは考えていなくて。「サッカーをやりたいな」と思っていろいろなチームの練習に参加していました。

デスペルーホ藤沢を選んだ理由は、信頼できる人たちの存在が大きかったですね。高校の先輩や、サッカー繋がりの小学生時代からの友人など、信頼できる人が多く所属していたので、このチームに入りました。

CHAPTER 02

練習以外の学びも
得られる。

デスペルーホ藤沢は、先輩後輩の仲が良く、明るくて温かい雰囲気でいつも迎えてくれるチームです。
サッカーをやる時は上手くなるためにアドバイスをいただけるのはもちろん、私生活でも先輩方から就活のアドバイスをもらったりするので、いろいろな情報を得ることができますね。
サッカー以外のことも、たくさん教えていただいて、いろいろなことを吸収できます。

先輩と仲が良いチームは、あまりないんじゃないですかね。
一個上や下という関係性なら他のチームでも仲が良いところは見かけますが、大学卒業して社会人ってくらい年が離れていても、変な壁は感じないですね。デスペルーホ藤沢は、年齢に関係なく、いろいろなことを教えてもらえます。

チームの明るさや温かい雰囲気もそうですが、サッカーを通してさまざまな経験をしている人が多く所属しているので、吸収できることがたくさんあるのが、チームの魅力。
「先輩にこう言うと関係が悪くなるんじゃないか」という心配が、全然ないところも魅力だと思います。

ミスをした選手がいても、一人で責任を負わないように、声をかけて明るくフォローをするところはいいなと思いますね。
チームの雰囲気が重くなりすぎないように、いつも和ませてくれるメンバーがいるので、温かいなと感じます。

他の選手から真似できるところを、感覚だけでなく、きちんと理由を考えて吸収するようにしています。
チームに同じキーパーポジションで、身長が192cmのメンバーがいるんですけど、彼と身長で勝負をしても、背が低い自分では勝負ができないんですね。
だけど自分が持っていないように、相手にない部分で勝負をしていこうと思い、周囲の選手の良いところを意識しています。

サッカーに限らず、就活もそうですし、吸収できる先輩が周囲に大勢いるので、どんどん自分の力にしていきたいなと思います。

CHAPTER 03

ピッチ外でも
強くなるための雰囲気づくり。

チームに入ったばかりの頃、他のメンバーのプレーのスピードが、高校時代と全然違うことが印象的でした。
最後にサッカーをしたのが高校の時だったので、大学でもサッカーをやっていた人たちのプレーのスピードに、さらにギャップを感じましたね。
高校時代だったら届いていたシュートが届かなかったり、ボールにも対応できなかったり、高さが足りないということが多々あって、その時は「これは練習をしないとまずい」と思いました。
今は蹴られたボールをひたすら止めるのではなく、シュートの方向性を誘導するように、あえて蹴らせるためにということを考えながら、試行錯誤しています。

今後は、スタメンとして試合に出られるように、積極的に頑張っていきたいと思っています。代表の井上さんを超えることを目指していきたいです!
ただ、同じところで勝負をしても勝てないので、「ここだったら勝てる!」という部分で勝負をしていきたいと思います。
そのためにまずは自分の武器を作っていきたいですね。

デスペルーホ藤沢では、トップチームと21歳以下のセカンドチームの両チームで、昇格を目指しているので、上にいけるようなチームの雰囲気作りを、ピッチ外でもおこないたいと考えています。

例えばウェアを着ている時は、スポンサー会社の名前を背負っていることになるので、礼儀正しく行動をすることをより意識しています。
挨拶やお礼をしっかりすることで「あの会社が支援しているデスペルーホ藤沢の選手は、ちゃんとしているな」と、地域の方からの会社のイメージが上がると思うので、常に意識していきたいですね。

ファンやサポーターの皆さん、いつも応援していただき、ありがとうございます!
2020年度は昇格はできませんでしたが、2021年度はトップチーム・セカンドチームともに、昇格を目指していきますので、これからもご声援のほどよろしくお願いいたします!

TOP
TOP